秋田リフォーム・秋田住宅新築工事は山建開発株式会社

スタッフブログ
採用情報


TOP>>リフォーム工事>>住宅用火災警報器の設置について

住宅用火災警報器の設置について

住宅用火災警報器の設置が法律で義務付けられました。既存住宅 各市町村条例により、平成23年5月31日までを期限として、設置の完了期日が定められます。

住宅用火災報知器

新築住宅・既存住宅に関して取付が義務化されており、火災警報器を必ず設置する部屋として「寝室」及び「階段」があげられます。
居室なども就寝に使われている場合は対象となり、その他にも各市町村条例により設置を必要とする部屋があります。
弊社では、台所にも熱式火災警報器の設置をおすすめしております。

就寝中の火災が特に気づきにくく、死亡者6割以上の原因が逃げ遅れとなっております。
そのような理由により警報器を設置する事で犠牲者が激減する統計が出ております。
火災警報器設置をご検討のお客様はお気軽に弊社までお問い合わせください。
報知器


東芝製 煙式
東芝製 熱式



火災警報器製品代(煙式or熱式)+取付費+消費税込価格

※設置場所が秋田市内の場合に限ります。
※商品のみの販売は1台/3300円(税込)となります。


取付方法